疑問解決!賃貸ってリフォームできるの?

リフォームはできるのか?

リフォーム可の物件もある

賃貸物件に暮らす方にとって気になるのは、賃貸物件でもリフォームできるかどうかでしょうが、基本的には出来ないと考えた方がよいです。

そもそも、賃貸物件の場合、退去の際に現況回復の義務というのが借主に発生することから、借りた時の状態に戻して明け渡さなければなりません。
そのため、リフォームにより壁に穴をあけてしまったりなど、さまざまな改装を施してしまった場合には、現況回復させるのに多額が必要になります。

お金をかけてでも元に戻すことが出来ればよいのですが、万一元の状態に戻らなかった際には、契約内容に違反することになるため、何らかのペナルティが発生する可能性もありますし、借主と貸主の間でトラブルが生じることは避けられないでしょう。
ですから、賃貸物件の場合、基本的にはリフォームなどを自由にすることは出来ないのです。

リフォーム可能な物件もある

先述の話のように、賃貸物件のリフォームはほとんどの物件で行うことは出来ませんが、もちろん例外もあり、好きなようにリフォームできる物件というのも中には存在します。
ですから、このような賃貸物件を選びさいすれば、リフォームは当然自由にすることができますので、賃貸でリフォームできるかどうかは物件次第なのです。

リフォームすることができる物件は、「DIY物件」や「カスタマイズ物件」などと呼ばれることが多く、基本は退去時に現況回復の義務が生じませんので、リフォームした状態のまま部屋を明け渡すことができます。
もちろん、きちんと貸主もそのことを了承しており、借り手側と貸し手側双方が納得したうえでリフォームをおこなうことになります。